So-net無料ブログ作成
検索選択

寒い冬のざっくり編みセーター。(しかも編み糸はヒートテック) [トップス]

寒い冬にはローゲージのニットを


今回ご紹介するのは、
ユニクロお得意のヒートテックを編み糸に使用した
ヒートテックタートルネックセーター。(クリックで公式サイトに飛びます)
最近寒いですよね。
厚手のアウターを羽織っても、インナーが薄手だとどうしても寒い。
ただ、どうせアウターで隠れるからと、何を着てもいいってわけじゃない。
だって、レストランとかに入って、コートを脱ぐときに困っちゃいますから(笑)
十分厚手で、なおかつコートを脱いでも一枚でサマになる。
最適なのはやはりニットでしょう。
網目の細かい、ハイゲージのニットもキレイめな印象で素敵ですが、
真冬にはそれだと寒いということも。
そういう時は、これのような網目の荒いローゲージニットを選びましょう。

今年のメンズニットのトレンドはタートルネック


今年のメンズファッションのトレンドはタートルネックです。
いろんなブランドがタートルネックのニットやカットソーをリリースしています。
このトレンドは昨今の80年代リバイバルの流れから来たものです。
着てましたよね、80年代、タートルネックのニット。

さて、タートルネックの利点は何よりも首元に生まれるインパクト。
人間には目の錯覚があります。
人の目はあるモノの近くに別のモノがあると、どうしても二つを比較して大きさを捉えてしまうのです。
だから、タートルネックやマフラーなど、顔の近くに別のインパクトの強いモノがあると
比較の効果によって顔が小さく見えるのです。
顔、大きいよりは小さい方がいいですよね。
顔の大きい人に美男はいない、と東海林さだおさんも書いていました(笑)
タートルネックの視覚効果で小顔をゲット!です。

そういうわけで、このニットを今回はおすすめしようというわけです。
また、こちらのニット、タイトめなシルエットで現代的なキレイなフォルムになっています。
ただ、タイトさを求めすぎて、腕のリブなどがぴったりしすぎると「オジサン」に見えてしまう危険もあります。
試着してみて、ぴったりすぎかな?と思ったらワンサイズ上のサイズを選ぶことをおすすめします。

では、今日はこのへんで!いいユニクロオシャレライフを!

【ユニクロ +J】4000円のこのシャツで大人オシャレ! [トップス]

エクストラファインコットンスリムフィットシャツ


発売開始から一ヶ月。
売り切れも出始めているユニクロ+Jコレクション。
今回はそのラインナップから一つ、おすすめのシャツをピックアップします。

続きを読む


【ユニクロ】お手持ちのアウターが4000円で真冬もOKに。ウルトラライトダウンコンパクト。 [トップス]

奮発して買ったアウターが…寒い!


こんにちは。秋も深まり、ますます寒くなってきましたね。
気づけば十月も下旬。奮発して買ったあのアウター、押し入れから引っ張りだすか。
で、着てみたらうーん、やっぱりオシャレ。でも、ちょっと寒い…。
デザインが気に入って買ったアウターが、実際に着用してみると防寒性に不満。
っていうのはよくあることですね。
試着室では外で着た時の温かさはなかなかわからないものです。
そんなあなたに朗報です。
あなたのお手持ちのアウター、ユニクロのこれを買うだけで真冬まで着用OKに!

続きを読む


ダサ男はユニクロでとりあえずこのジーンズを買え!話はそれからだ。 [ボトム]

メンズボトムスの選び方


メンズにとってボトムスはトップスに比べて、どうしても購入に慎重になりがちなアイテムだ。
ボトムスが全体の印象に与える影響は大きい。
なにせ身体のほぼ半分は足なのだから。
しかも、失敗したボトムスは、トップスのようにインナーに着回したり、最悪部屋着にしたりできない。
しっくりこないパンツがタンスの奥に何着も眠ってる…そんな人も多いだろう。
それ故に、失敗してもダメージの少ない、安い物を選んでしまう。
その結果、また失敗…。
もう、そんなループからは抜け出しませんか。

とりあえずこれを買っとけ!ユニクロのジーンズ

続きを読む


なぜ「全身ユニクロ」はダメなのか? [ファッション基礎知識]

「全身ユニクロ」は本当にダメなのか?


昨今のファストファッションの隆盛。
ユニクロも完全に市民権を得ており、それどころかアイテムによっては他ブランド裸足なくらいのクオリティのものもある。
それでも「全身ユニクロ」がダメなのか?
みんな着ているし。
素材やデザインだってこだわってるじゃん。
何より安いし。
服に高い金かけるなんてバカらしいよ。

わかる。その意見を言いたくなる気持ちは痛いほどわかる。
けど、それでも、やはり「全身ユニクロ」はダメなのだ。

それでも「全身ユニクロ」がダメな理由


ユニクロはファストファッション企業である。
便利で、安価で、誰にでも、一定以上のクオリティの服を。
そういう理念で動いている企業である。
ユニクロの服は機能性に優れる。
ヒートテックなんて本当に優れものだ。
寒い季節のインナーに一枚入れるだけで体感温度がぜんぜん違う。
この夏ヒットしたエアリズムも便利だった。
汗をかいてもすぐ乾く。普段着だけでなく、スポーツウェアとしても役に立った。
また、ユニクロの服のクオリティは値段からすると驚くほどだ。
今年ラインナップしたスーピマコットンのインナーウェア。
本当に上質なコットンを使い、きっちりと仕上げられている。
余談ながら、このスーピマコットンのカットソー、本当にオススメだ。
夏場はこれ一枚でトップスが完成するほど上質の素材感だ。
値段だって安い。それなりのブランドのアウター、30000円を買う金があれば、
上下セットのコーディネートに下着に靴下まで揃えられる。
その上、店舗がたくさんあって、いつでもどこでも買える。
さらに、誰でも着れる。
そして、だから全身ユニクロはダメなのだ。

続きを読む


【ユニクロ】セーターは三千円で十分!艶と高級感 エクストラファインメリノVネックセーター [トップス]

セーターの選び方


公式通販
セーターの選び方において、一番大切なのは「素材の高級感」だ。
ジョン・スメドレーのような高級ニットブランドの艶感は他の何にも代えがたい雰囲気がある。
ただ、その分やはり価格が…ざっくり言って二万円を超える。
冬は何かと物入りだ。
アウターも買わなきゃいけないし、ブーツだってほしい。
ニットにそんなにお金をかけられない…。
しかも、高級ニットは手入れが大変である。
ちょっと汚れる度にクリーニングに出さなければいけない。
定価+クリーニング代と考えると、ニットにこだわることはカネがかかるということ。
かといって、安いニットで妥協しようとすると。
やけにテッカテカのポリエステルだったり、すぐ伸びて形が崩れるウールだったり。
安かろう、悪かろうなものばかり。

続きを読む


【無印良品】オーガニックコットンオックスフォードボタンダウンフィットシャツ [トップス]

メンズファッション大人スタイルの定番、白シャツ


先日はテーラードジャケットの紹介をした。
ユニクロ+J「ウールフランネルジャケット」
今日は同じくメンズファッション永遠の定番、白シャツの紹介をしようと思う。
というわけで、最近僕が購入した、無印良品のオーガニックコットンオックスフォードボタンダウンフィットシャツの登場だ。
4549337421295_400.jpg
↑公式通販へ

シャツの選び方の基準


白シャツの選び方の基準について。
まず、白シャツもテーラードジャケットと同じく、フォーマルな部類に入るアイテムだ。
フォーマルなアイテムは、細身の方がよりフォーマルに見える。
で、シャツを細身に見せる一番のポイントはというと。
袖の太さだ。
特に脇の下、ここがたるんでしまうようなシルエットはどうしても太く見える。
おじさん臭くなってしまうぞ。
そこでこのオックスフォードシャツ。
特にこのフィットタイプは袖がすっきりと細く作られていて、非常に綺麗。
最低限外さないデザインになっている。
とはいえ、不満がないわけではなく…。

続きを読む


ユニクロ+J「ウールフランネルジャケット」 [アウター]

09_136372.jpg

秋冬の必須アイテム、テーラードジャケット


みなさんこんにちは!
季節はもうすっかり秋。
冬に向けて、少しずつ寒さを増してきましたね。
秋冬のメンズファッションの必須アイテムといえば、

そう、テーラードジャケット

フォーマルな印象のかっちりしたテーラードジャケットは、
カジュアルなジーンズと合わせても、
子供っぽくならず、オシャレな印象に。

こんな感じに↓
nyc-street-style-080310ab.jpg

カジュアル×カジュアルはNG!

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。